2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2015.02.08 (Sun)

高級旅館の朝食とは思えない。

20150125125927869.jpg
20150125125935812.jpg
20150125125747047.jpg
20150125125739321.jpg

おそらくは岐阜市で一番有名な旅館「十八楼」を訪れた。十八楼という名前もこの地を訪れた松尾芭蕉にルーツがあり、旅館自体も150周年という超老舗の旅館である。しかも唯一戦火を逃れた風情の残る川原町の中にありその風格たるやすごいものである。駐車場が広く、そこにもいつも旅館の案内役を配置するなどサービスはきめ細やか。旅館自体の古さは否めないが、それをサービスでなんとかしようという苦心が見られる。
サービスは良いのだ。カイゼンもしているようだ。長良川温泉の泉質は彼等ではなんともできないからここでは語らない。しかし。カイゼンが足りないところが結構ある。まず部屋が狭い。改築したときに鵜飼いの時期にぎっしり詰め込めるようにしたのだろうが、それにしても狭い。高級ビジネスホテルのダイワロイネットホテルくらいの広さである。まぁ、これは経営上仕方ないかもしれないが。
一番の難点は料理である。夕食の置いてあったから、ちょっと感想してます感がヤバい。うーん、一応高級旅館ですよね。素材はまぁそれなりか、、でも調理技術がな・・・ここより安い旅館でもっと美味しいとこあったよな。。。そんな会話が出てきてしまう。そしてさらに、朝食。これはなぜか無理矢理ちぐはぐなバイキング形式を取っている。バイキング以外で出てくるのもあるのだが、作り置きの冷めたモノである。いや作ってもいないレベル。これならいっそ全部バイキングにしてしまえば、、、でもこんな出来合いのどう考えても裏で調理して出していないビジネスホテルレベルの代物をバイキングで出されても、食べる気には到底ならない。種類少ないのに皿だけやたらでかいのもすごくヘンだし。朝食会場にはお偉いさんがうろうろしている光景が見えたが、この情景を見て何も思わないのだろうか。ここまでサービス頑張ってるんだから、やれば出来るはずでしょ。志摩スペイン村ホテルの朝食もコストダウンが素人の目にも丸見えだったが、ここも負けていないよ。他の旅館の視察にすぐ動きましょう。

十八楼

夜総合点★★☆☆☆ 2.8

昼総合点☆☆☆☆ 1.5



関連ランキング:旅館 | 田神駅名鉄岐阜駅岐阜駅

22:24  |  岐阜  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ettyu.blog60.fc2.com/tb.php/3095-7210c7a2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。