2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2014.06.07 (Sat)

鰻と昼酒。

tabe06 (11)
tabe06 (10)
tabe06 (9)
tabe06 (12)
鰻が豊漁という。朗報だ。今は厳しい鰻屋さんの経営だが、なんとか頑張ってほしい。鯨食も文化とは言うが、本当の文化という意味では鰻にかなうはずもない。そんな鰻文化をさらに思い知った店、それが江戸川橋の「はし本」である。ちなみに近くにもミシュラン鰻があるが、こちらは違う。その差はやはり、外国人にウケそうかウケそうでないかの違いではないだろうか。しかしあきらかにコスパはこちらが上である。1階はちょっとした居酒屋風、気軽にはいれる雰囲気が良い。また接客の方の人柄のよさも垣間見えて良い。人気店でありながらも、こういうアットホーム気質なところを残しているのは称賛すべき点である。こんな良い意味で居酒屋のような雰囲気の中、日本酒をのみながら鰻を待つことほど楽しいことはない。肝焼きも池袋かぶとに負けないほどの香り高さで満点獲得であったが、秀逸は玉子焼き。私は関西が長いこともあり舌は出汁マキベースでできている。築地のアニーイトウ氏の玉子焼きを食べた時のがっかり感は半端なかった。ここも、私の好きではない関東風砂糖ベースであったが、なんといままで食べた砂糖ベース玉子焼きの中で最高に美味しかった。こんなに美味しくできるんだ!!!と絶叫するくらいである。もういっこ追加しそうになってしまったくらいである。そう、こんな美味しい玉子焼きを焼く店の鰻が美味しくないわけがない。関東の鰻は蒸してあることが前提であるが、おい!やわらかすぎだ!味がうすすぎだ!とつっこみたくなる鰻も散見される。しかし、ここの鰻の蒸し加減、味加減、漬物のできばえまで含めてすべて五感を満足させるものであった。ええ、東京に来てこれは最高の鰻の名店に出会えた。池袋のかぶとなんかも好きだがあくまで夜、昼酒を楽しみながら気構えせずゆるりと鰻を食するならここをしのぐ店はほかにないのではなかろうか。

はし本

昼総合点★★★★ 4.3



関連ランキング:うなぎ | 江戸川橋駅神楽坂駅茗荷谷駅


22:49  |  東京山手線内  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ettyu.blog60.fc2.com/tb.php/2907-97876f82

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。