2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2013.07.01 (Mon)

たとえるなら北風と太陽。


中野にある日本酒専門店「青二才」はネオ日本酒バル。特筆すべきは、日本酒が嫌いな女性が、たとえそこにいたとしても、思わず日本酒を頼んでしまうような演出である。たとえるなら北風と太陽。日本酒なんてキライ!って言ってる女性に無理やり三増酒を飲ませてもその女性は二度と日本酒を飲まなくなるだけである。それを、男前が優しくシチュエーションもばっちり整えて美味しいですよー、まずはこれなんて美味しいですよ、これも飲めるならこれなんかもっと美味しいですよ、とすすめるともうその女性は日本酒の虜。そんなストーリーを具現化したような店だ。店は、まさか日本酒の店とは思えないようなおしゃれな店。中野にはしゃれた店が結構あるが、その中でも際立つ存在である。でも中に入るとワインバルでもなければ、ビストロでもなく、和と洋が融合した店内。メニューもアヒージョにしょっつるを使用するなど、日本酒にあうような肴を用意している。メニュー数は決して多くはないが、しかし眺めるとなんとまぁ女性が好みそうなバルメニューからインスパイアされたメニューばかりである。ちなみに店員さんは全員イケメン男性。なぜ、男性がここまで女性視点で考えられるのだろう、感心するばかりである。日本酒は60mlから頼むことができる。そして、最近はやりのワイングラス提供。こうやって提供すると少量でも少量でなく見えてしまう。店員さんの的確なオススメに、杯を重ねる客多数。そして、泥酔。流行るわけである。

中野青二才

夜総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:バル・バール | 中野駅新中野駅東高円寺駅


21:51  |  東京山手線外  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ettyu.blog60.fc2.com/tb.php/2640-7f3adafd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。