2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2012.12.11 (Tue)

ハマっ子からの愛で続く店。


横浜超ど級の有名居酒屋「武蔵屋」。もう、それは野毛のハズレの一軒家。ええ、家である。ただの家。でもその中からにぎやかな声。開けると居酒屋ってか、でもやっぱ家。昭和の家。チャンネルは回すタイプのテレビが置いてそうな、ガス炊飯器が置いてそうな家。家の中で狭苦しい中でみんな笑顔で飲んでる。そう、この店の印象は笑顔。看板娘のおばあちゃんを囲んでの笑顔。店員はみな若い衆だが、おばあちゃんをいたわりながら接客。この店ではおばあちゃんが中心になって動いている。私は3人座っている4人席に導かれた。てかそこしか空いてないのだ。なんだこのアウェイ感。こんな席に座ったのは初めてだ。見回すと老若男女(と黒猫)問わずだ。実に多人種。みんな盛り上がってる。異様な盛り上がりだ。ここはメニューがない。決まった5品が勝手にでてくる。実に合理的。おからが特に美味しかった。エビの風味がしみこんでいて、いままで食べたおからで一番おいしいと思ったくらい。アルコールはビールと日本酒のみ。実にわかりやすい。でもここではやっぱり燗酒ではなかろうか。酒は櫻正宗。灘の銘酒だ。一説によると正宗銘の元祖はキクマサでなくこちら。燗は直火で温めたものをすごい高さからそそぐ。魔法のようだ。ワインと同じで空気にふれさせているのだろうか。よくこぼれないものだ。それぐらい高い。飲んでる間にも人がひっきりなしに除く。私はよく入店できたものだ。すさまじい人気にも驚く。わかった。この店は客からの愛でできているのだ。宗教関係なく愛。ひとりのみが慣れていた私だが、地元客の愛でおなか一杯になってしまい、店をあとにした。

武蔵屋日本酒 / 桜木町駅日ノ出町駅馬車道駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6


22:15  |  神奈川  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ettyu.blog60.fc2.com/tb.php/2498-938b9c00

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。