2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2015.07.05 (Sun)

I love 蓬莱泉。


愛知県の酒と言えば県外の人は「九平次」というだろうが、地元の酒呑みはもっぱら「蓬莱泉」をこよなく愛す。
その蓬莱泉の直営店が丸の内にある「圓谷」である。名古屋大空襲で焼け野原になった名古屋では珍しく残った江戸時代の運河沿いの蔵を改装して作った店内。京都では珍しくないだろうが、名古屋では珍しく趣もあり価値がある。店員さんは酒蔵直営の割りにみんな若くきびきび動いている。それでも、大繁盛店で客が多いモノだから大忙しだ。しかし、これまた直営の割りにしっかりしたアテを出す。どこかの外食に委託しているようにも見えないのだが、たいしたものだ。お酒はさすがに種類が多く、飲み尽くすには何度も通わないといけないだろう。いま流行のスパークリング清酒はあふれる前提で提供された。こんなビジュアルも滝のようで、なかなか斬新である。

圓谷

夜総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:日本酒 | 丸の内駅国際センター駅伏見駅


スポンサーサイト
23:10  |  名古屋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.07.05 (Sun)

日本一のちょうちん。


やっとこれた名古屋の焼き鳥の名店「万亀」である。正直、のれん分けの「千亀」にはあまり感動しなかったため、そこまで過度の期待はしていなかったが、やられた!これは美味しすぎる。しかも、なぜなぜこの焼き鳥が美味しすぎるのかわからない。名古屋の七不思議にしてもいいくらいわからない。目の前で普通に焼いているだけなのに、こんなに普通の見た目の焼き鳥なのに、その食感、温度、味わい、すべてが完璧なのだ。東京で、このレベルの焼き鳥は同じ値段を出すなら存在しないだろうと言い切れる。その神髄を見たのがちょうちんだ。ちょうちんこそ、ダメな店で食べると、生臭くてまったく難しい素材である。しかし、この店のちょうちん、恐らく今まで食べたちょうちんで一番美味しかった・・・・。そんなに味は変わらないだろうに、千亀でここまで感動しなかったのは何故だろうと今更ながら不思議だ。ただ、いちげんにはやや冷たい空気感があるのは否めない。まぁ、ここまで大繁盛店なら常連に混じってお店いれてくれるだけ御の字と思わないといけないんでしょうな。

やきとり 万亀

夜総合点★★★★ 4.1



関連ランキング:焼き鳥 | 栄駅(名古屋)伏見駅矢場町駅

23:08  |  名古屋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.07.05 (Sun)

あのもうちょっと欲しかった高級レストランのちょびっとパスタが、ピオッポだとモリモリ。



名古屋独自のあんかけパスタを編み出すなど、パスタには造詣が深い名古屋。そんなバックボーンがあるからか、名古屋のパスタは全体的にレベルが高い気がする。そして、また名古屋のレベルの高さを思い知ってしまったのが、徳川の「ピオッポ」である。
そのカジュアルな店構えからは想像もできなかったであろう、そのパスタのお味。美味しいであろうことは序盤から容易に想像できた。なぜなら昼のコースの最初に出てきたスープ、サラダがシンプルでありながら手抜きの無い素晴らしい出来だったからだ。少ないながらも深みがあり濃厚なスープ。美味しい野菜にこれまた美味しいドレッシング。その後に美味しくないパスタが来るはずが無い。そのレベルは・・・ちまたの高級イタリアンクラスのレベルでは無いかと。しかも高級レストランなら大きい中心がくぼんだだけのモダンなお皿にちょびーーーとだけ、あー!物足りない!みたいな経験あるでしょう、みなさんも。こちらは違う。モリモリ。大切なことなのでもう一度言う。あのもうちょっと欲しかった高級レストランのちょびっとパスタが、ピオッポだとモリモリ。そうモリモリ。そこには、料理人の美味しいパスタをお手軽価格でたくさん食べて欲しいという思いが痛切に感じられ感涙してしまいそうになるほどだ。しかし、料理人があまりに手を抜いていないからだろう。料理の出るスピードがどうしても遅くなる。だから、店外にどんどん人だかりが。そして、バイト君2人のややもっさりな動きが混乱に拍車をかける。でもめげないで欲しい。こんな素晴らしいお店が名古屋にあることがいずれ名古屋人の誇りになるであろうから(もちろんマウンテンじゃない)。

ピオッポ

昼総合点★★★★ 4.3



関連ランキング:パスタ | 森下駅大曽根駅


23:06  |  名古屋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.07.05 (Sun)

確かに日本人にはこういうパンが落ち着く。



長久手の最近できました的な町にあるパン屋さん「石窯パン工房アヴァンセ」に来た。
何台も泊められるファミリーレストランの駐車場のようなビッグな駐車場を構え、店内もこれまた広い。そこに、ひと、ひと、ひと!
休みの晴れた日とは言え、多いよ。しかも、イートインスペースには、家族連れどっちゃり。あー、珈琲無料なのね。至れり尽くせりなのね。まさにパンのテーマパーク。竹田製菓もびっくりのパンの城である。どんどんでてくるパンの中でも売れているのが長久手カレーパン。確かに外はかりっとしていてカレーの肉も多くレベルは高い。総じてパンは本格的というよりかは、家族向けパンである。調べると、この店は喫茶店にパンを卸している小牧市の本間製パンの直営店とのこと。要は喫茶店用のパンの進化形なのであろう。確かに日本人にはこういうパンが落ち着く。



関連ランキング:パン・サンドイッチ(その他) | 杁ケ池公園駅はなみずき通駅本郷駅

23:03  |  名古屋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.07.05 (Sun)

大須のたこ焼きの実力。


関西に長く住んでた人間にとっては、名古屋には美味しいたこ焼き屋さんなど無いだろうと思っていた。
幼き名古屋の記憶には、たこ焼きなんて祭りの縁日で食べた記憶しかない。縁日のみ登場する食べ物であり、じゃりン子チエでたこ焼きを日常で食べているのは違う時代の食生活だと思っていた。それが、間違った知識であることを関西に行って知るのだが。
それが、意外にあるのだ。たこ焼き屋。最近の流れなのか、私が知らなかったのか。
しかも、意外にイケるのだ。この名古屋のたこ焼きっつうものが。まぁ、たこ焼きなんて家で作ったのがタコもおおきいのいれられるし、一番美味しいのは家のたこ焼きなんだが、それはまた別の話。
上前津にあるのが、「大阪ミナミのたこいち大須本店」である。大阪とうたっておきながら、大須が本店なのである。
そんなことはどうでもいい。入るとこれまた奥に広い店内。しかもアルコールもそろえており、たこ焼き居酒屋の体。入り口のおばちゃんから始まり、みんな元気がいい。それもたぶん関西人が多いのだろうが、関西まるだし、ごり押しじゃないのもいい。
たこ焼きは関西でよく食べた美味しいやつであった。そう、これこれ。そとかりっ、なかがふわっね。
おいしいから明石焼きも頼んだのだが、こっちはあんましや。やはりたこ焼きではたこ焼き食うとけって話やな。
味的にはたこ咲の安定感に軍配かもやけど、こう落ち着いて食べられるのときめ細やかな接客ではたこいちやね。

大阪ミナミのたこいち 大須本店

夜総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:たこ焼き | 上前津駅矢場町駅大須観音駅


23:02  |  名古屋  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。