2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2015.05.09 (Sat)

センサイおでん。

20150323_123646789_iOS.jpg


20150323_121902916_iOS.jpg
「mocci」。日本酒とおでんのお店である。うむ斬新。店構えはmocciと言う割りには渋い構えだが。とんとんと階段を降りると入り口から即カウンター。メニュー数は少ない。てかおでん食べてけよ、そして日本酒飲んでけよ的なノリ。おでんのつゆ透き通ってる。香りも良い。店構えからは想像できなかった、繊細なおでんである。日ノ出町の名店あさひやを少し思い出す。カウンターなのだが、お店の人は基本無口。ストイックにおでんと料理作ってますな雰囲気を醸し出す。つきだしやおでんが店主の繊細なお人柄を表しているように思う。1軒目というよりは2軒目で使いたいお店。そしてやはりおでんには日本酒だよねーと再認識するお店。

mocchi

夜総合点★★★☆☆ 3.2



関連ランキング:おでん | 神泉駅渋谷駅駒場東大前駅


スポンサーサイト
21:38  |  東京山手線外  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.05.09 (Sat)

忘れてしまうくらい王道なつけ麺スタイル。

20150303_043207351_iOS.jpg
20150303_044459885_iOS.jpg
門前仲町のはずれにあるつけ麺の店が「縁道」である。えんどうと読むらしい。狭い店で、町外れにあるのにこれまた大繁盛店。次から次へと客が。麺はとても太い麺でつやつやとしており、美味しいつけ麺屋の王道スタイルである。このコシの強さは好みである。汁は見た目は茶色で非常に濃厚、麺とよく絡む。でありながら、べたべたせずすっきりとしてある、これぞ職人芸。あまりにも王道すぎて、訪問をしたことすら忘れていた店で写真を見て思い出したくらいなのであるが、それほど王道なつけ麺と、つかず離れずのサービス。それが縁道の個性であろう。唯一のオリジナルは東北トッピングなるもの。しかし、トッピングの練り物がこれがつけ汁と合うかというと、、、結構微妙なのであった。

縁道

昼総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:つけ麺 | 門前仲町駅越中島駅清澄白河駅

17:29  |  東京山手線外  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.04.20 (Mon)

カルト的日本酒専門店。

20150415_115538626_iOS.jpg
20150415_115500359_iOS.jpg
20150415_105831630_iOS.jpg

とんがったお店。これは諸刃の剣である。客によって吉とふれるか凶とふれるか・・・私にとっては吉だった浅草の日本酒専門店「コメジルシ」。まぁ、まず日本最古の地下街浅草地下街にあるっていう時点でカルト的である。お世辞にも綺麗とは言えない、しかもちょっと独特のなんだろう、アジア旅行したときに嗅ぐようなにおいのなか進むとその店はある。コメジルシという白黒の看板。中はまるみえ。1時間2千円の飲み放題コースにすると店主が次々と出してくれる。で、その順番は変えられない。店主の方針に従うのがルール。しかもなんだか独特の緊張感が店内を張り詰める。日本酒は比較的飲み回っている私でも見かけないのがあるほどカルト的な側面をもつ。で、なぜ私が好きだったかというと重めな嗜好が似ていたからである。そして、出してくる肴がやたらに美味いことである。店主のセンスで成り立つお店。しかし連れてくる友人は、選ばないと行けないかなと思わせるお店。初心者でもどうぞ、と店の名刺か何かに書いてあったが初心者は連れてきてはいけないように思う。だってトイレもほぼ共同だよ、その時点で女性連れてこれないよ。

コメジルシ

夜総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:日本酒 | 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)田原町駅


01:23  |  東京山手線外  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.02.08 (Sun)

ぶっとび系居酒屋。

2015012513114287f.jpg
201501251311206a9.jpg
2015012513110582f.jpg
意外に居酒屋の多い板橋エリアの中でもぶっ飛んだ居酒屋がある。「君想ふ暮らし」。名前からもうぶっ飛んでいる。しかし、ここ焼きとんで有名な秋元屋出身のひなたグループの新業態なのである。そういう、居酒屋での大きな経験値をモトにしてのぶっ飛び業態なので、ベースがしっかりしている。だから流行るのだろう。業態としてはイタリアン居酒屋か。でも、見た目はオシャレな居酒屋レベルである。そういう背伸びしない姿勢も気持ちいい。居酒屋なんだけど、イタリアンエッセンスを付け足すイメージ。決してイタリアンではない。でもそこに秋元屋の面影はない。君想ふ暮らしというここでしか味わえない料理たち。料理以外にもあのイチローズモルトのハイボールなどドリンクもなかなかぶっ飛んでいる。メニューはごちゃごちゃしていて見にくいけど、これも店員さんが会話のキャッチボールを出来るようにあえてだとしたら計算されているね。これで5軒目のひなたグループ。うまくいっている企業の飲食店ってなんだかオーラがあるよね。それを最近一番感じたお店がコチラである。

君想ふ暮らし

夜総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:居酒屋 | 新板橋駅板橋駅下板橋駅

23:36  |  東京山手線外  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.01.18 (Sun)

店づくりに答えはない。







吉祥寺にある听屋はステーキとハンバーグのお店である。それも国産限定。ステーキ屋にしてはカジュアルでシースルーな店内がやや違和感あるが、気軽にステーキ食べてねってのがコンセプトなのだろう、メニューには色々な大きさのものが揃えてあって、柔軟に対応しようという姿勢がみられる。確かに美味しい肉なのである。見た目も悪くないのである。この内容と吉祥寺駅前という立地でステーキ宮と同じ値段なのだからコストパフォーマンスは絶大である。ドリンクメニューもステーキ屋の割に豊富である。レモンサワーを埼玉屋風に塩つけたりちょっと凝ってたりする。でも、あまり肉食べて、飲んで盛り上がれない雰囲気。違和感はなんだろうと考えると、この白を基調とした殺風景な店内なのだろうか。店作りって本当に難しいね。でもお店の店員さんがすごい可愛かったので許す。

听屋

夜総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:ステーキ | 吉祥寺駅井の頭公園駅

23:30  |  東京山手線外  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。