2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2015.05.09 (Sat)

鯛でなく鯉。

20150309_020215527_iOS.jpg
20150308_023342905_iOS.jpg
善光寺に行く途中に寄った和菓子屋さん「藤田九衛門商店」。鯉焼きなるものが名物の店である。これまた木造の渋い店構えの、がらがらと音を立てる扉をあけて訪問。暗い店内に渋く鯉焼きを陳列。鯉焼きという名前から連想するに、鯛焼きみたいなもんかいなと思って食べると、こりゃ人形焼き。餡に長野の花豆を使用しているというこだわりもあり、味は浅草の人形焼きよりは美味しいが、ごくごく普通。鯉焼きというオリジナリティと、しぶすぎる店構えと、しぶすぎる包装と、そのかわいらしい形と、勝ち組要素はたくさんあるだけに、これまた次から次へと訪問客で店内満員御礼であった。

藤田九衛門商店

昼総合点★★★☆☆ 3.1



関連ランキング:喫茶店 | 善光寺下駅権堂駅


スポンサーサイト
18:21  |  長野  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.05.09 (Sat)

料理の仕込み以上に仕込まれた計算。

20150308_100206999_iOS.jpg
20150308_102542926_iOS.jpg
20150308_103525345_iOS.jpg
20150308_100152028_iOS.jpg
20150308_223220269_iOS.jpg

長野県と言えば温泉である。それも、効き目がありそうなしぶーい温泉が長野市内から長野電鉄ですぐのところにあるのだ。目指すは湯田中。長野電鉄終着駅である。長野駅から地下に潜ると始発駅。しぶい。しかし長野で地下化するとは長野電鉄の財力おそるべし、調べると富山電鉄等にならぶ地方地鉄の雄だったとか。でも謎の廃線も含めて廃線が相次ぎ今は細々と経営している模様。電車が小田急の払い下げなのがなんとももの悲しい。特急なのに緩い走りの電車はそれでも確実に山を登っている。目指すは湯田中。しかし湯田中近辺はどうもいい旅館が無い。旅館代金けちって風邪を引いた鳴子温泉の教訓を生かして、妥協はしない。目指すはその奥の渋温泉。宿は「さかえや」。バスでいけば10分程度。構えは意外と普通。フロントも田舎の旅館の域を出ない。しかし、温泉。これは共同温泉の温泉巡りが楽しいので、宿に求めるは食事。これが構えに似合わずいい部屋でいい料理をだす。長野料理を意識、豚は長野のみゆきポーク。器は綺麗に提供。料理提供用の完全個室なのでプライバシーばっちり。でも狭い空間は一人旅にはちょっと寂しい。料理はどれも手を抜かず仕込みもしっかりしたものというのがわかる。大事なのは、ここまで料理を綺麗にだして、こぎれいな部屋と、まぁまぁのサービスを提供してかなり安価なのである。コストパフォーマンス絶大。で、お湯は最高。見た目からは想像できないほどのそつの無い計算が料理の仕込み以上に、仕込まれた旅館であった。

春欄の宿 さかえや

夜総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:旅館 | 湯田中駅

18:12  |  長野  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.05.09 (Sat)

繊細かつ上品な蕎麦の香りにうっとり。

20150308_031636792_iOS.jpg
20150308_033730622_iOS.jpg
善光寺、次に訪れたのは「藤木庵」である。5分前まで滞在していた野趣味あふれる「大丸」とは真逆のとても洒落た構えと店内である。高級感を意識したサービスとごちゃごちゃいろいろ書かれているメニュー。向かいにあるとは言え、こんなに大丸と差があるなんて、だから蕎麦のはしごは面白い。頼んだのはせいろの十割。つゆを一口。メニューにごちゃごちゃ書いてあるだけあって深みのあるつゆは少し甘め。十割そば、非常に繊細なできばえで突き抜ける蕎麦の香りも気のせいか繊細で上品。いやはや長野の蕎麦レベルの高さは半端ないす。蕎麦の嗜好もあるだけに、私好みということもあるか。大丸のほうが長野の蕎麦感は出ているが、味はこちら藤木庵が好きかな。真逆の感想の人もいるだろう。それくらいこの界隈の蕎麦屋レベルが高いのか。と、退店時は大量の行列。すごい人気店なのだな。早め訪問が吉。

藤木庵

昼総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:そば(蕎麦) | 権堂駅善光寺下駅市役所前駅

17:59  |  長野  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.05.09 (Sat)

野趣味あふれるとはこういうこと。

20150308_025042427_iOS.jpg
20150308_030241215_iOS.jpg
善光寺のレベル高い蕎麦屋めぐり。善光寺門前に構える迫力の構えの蕎麦屋は「大丸」である。百貨店ではない。店内はあまりの渋さに卒倒するくらい渋い。繁盛店だけあり、店員さんは多く、読んだらすぐ来てくれる。なかなか観光地のど真ん中なので、やや不安を感じながらも、ポスターがやたらおすすめしてくる更級そば1000円を注文。思った以上に野趣味あふれる器に載って登場。こういう東京の蕎麦じゃないよ感。すごくいい。つゆをひとくち。ほう、かなりきちんと作っている。観光地の味じゃ無い。そばをするり。かけぬける香り。かむたびに駆け抜ける。素晴らしい。こんな観光地でもこんないい蕎麦を出すなんて長野県素晴らしい。有名店でもたいしたことなく個性も無い福井県とは大違いである。これは、はしごするしか無いな。胃が満腹感を迎える前に・・・。

大丸

昼総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:そば(蕎麦) | 善光寺下駅権堂駅


17:50  |  長野  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.05.09 (Sat)

そのコロッケ、凶暴につき。

20150307_131741113_iOS.jpg
20150307_125018440_iOS.jpg
20150307_124733852_iOS.jpg
20150307_124819366_iOS.jpg
20150307_124419861_iOS.jpg

新しい商業施設も出来て、北陸新幹線も開通して華やかな長野駅前だが、そんな華やかな町を抜けて路地を歩けば縄のれん。「とくべえ」という店の看板。居酒屋行き慣れている私でも少したじろぐ渋い渋すぎる店構え。縄のれん無かったら、普通の一軒家の裏口とも見える狭い入り口。入ると、予想通り渋い木のカウンター。しかし奥に意外に広い。団体客も入れる広さ。そして、あまりにも簡素なメニュー構成。ちらっと見た感じ以外にキッチンは広くて料理人もいるのだが。とりあえずおでんを頼めと言わんばかりのおでん鍋。汁は濃く見えるが、あっさり。そして名物のコロッケへ。しかし、頼んでもなかなか出てこない。あまり催促しない私が、これは注文通ってないだろうと思い催促。通ってた。そして出てきた時になぜ時間がかかったのかわかった。大きいとは思っていたそのコロッケ、大きさが尋常ではなかったのである。しかもチーズ入にしてしまった。衣は厚めで堅く、中にじゃがいも大量。味はいたって・・・普通である。とにかく大量。一人で食べるものでは無い。しかし、このお店に来て思い出を残すならこのコロッケしか無いだろう。バーへのはしごはあきらめた。

とくべえ駅前店

夜総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:居酒屋 | 長野駅(長野電鉄)長野駅(JR)市役所前駅



17:40  |  長野  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。