2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2012.07.01 (Sun)

宇都宮バーの代名詞。気軽にどうぞ。


宇都宮でバーといえばココ!『パイプのけむり』。レトロな看板、レトロな店内。ビルの五階にあるのだが、中は結構広い。百席くらいあるんじゃなかろうか。店員さんはみな若い。女性もひとり。フレンドリーに話しかけてくれるので一人でもオッケー。実際は団体での使われかたが多いようだが。さて、カクテルメニューはレシピ公開制。珍しいね。種類はとても多い。鮮やかでカラフルなものがよく出ている印象。氷は製氷機なのでロングカクテルは少し水っぽくて残念だが、900円という価格を考えれば妥協してもいいとは思う。

パイプのけむり 池上町本店バー / 東武宇都宮駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


スポンサーサイト
14:36  |  栃木  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.06.03 (Sun)

佐野ラーメンの真髄




佐野に来たからにはいかねばならぬ佐野ラーメン。現地に貼ってある佐野のポスターには佐野ラーメンが小さくしか載ってないけど、正直佐野って佐野ラーメンしか知らないよね・・・。関東からもアクセス悪いし・・・。特急りょうもうって初めて乗ったけど特急じゃないよねアレ・・・。まぁそんなことは置いといて、こちら『精養軒』は佐野駅から歩いて10分のとこ。てか駅前なのに静かだな。ラーメン屋というより町の中華屋さん。しなびた店内にいやな予感。初めて食する佐野ラーメン。いや・・・これが美味しかった。ひらたい縮れ麺と、濃いめの鶏ガラ醤油スープ。いや非常によく合う。メンマとチャーシューも古い昔ながらの味であるがよくできている。これで500円とは佐野価格にしても安い。そして時間がピークタイムになるとくるわくるわ地元客。駅前全然人いなかったのに。地元の人はどこが美味しいか知ってるんだね。これまた安い250円のお酒でほろ酔いになり特急りょうもうに向かうのであった。店がにぎわってちょっとさみしく。

精養軒 万店ラーメン / 佐野駅佐野市駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


22:50  |  栃木  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.06.03 (Sun)

味噌は雰囲気。




せっかく佐野まで来たのだからと、駅からガッツで歩いて15分。「味噌まんじゅう新井屋」である。県道沿いにあるが、構えがえらくシブいのう。店に入るとシブい店内とは裏腹に若い店員さん。味噌まんじゅう・・・というからにはえらい味噌なんだろうなと名古屋人的にはわくわくだったのだが、意外に味噌ではない。味噌というか、どちらかといえば黒糖まんじゅう。逆に味噌プリンがかなりの味噌っぷり。えーしっかり味噌でした。で、わかったのはプリンと味噌はあわないという・・・。まんじゅうがこれくらい味噌だったらいいのにな。でもお客さんはでたり入ったり。人気店のようである。

味噌まんじゅう新井屋  佐野本町店和菓子 / 佐野駅佐野市駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5


22:49  |  栃木  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.02.20 (Mon)

人生で生まれて初めておいしい蕎麦を心ゆくまで食べれた。




日光の町はずれにある蕎麦屋さん「三たてそば 長畑庵」は文字通りソバ畑の真ん中にある。こんなとこに本当にあるの?!と思ったらちゃんとあった。建物は簡素な作り。中に入ると手前テーブル、奥にたくさんの座敷。それでもいっぱいになるようだ。蕎麦は一合から一升まで頼めるってお酒みたいだな。蕎麦って胃で膨らまないから、有名な蕎麦屋とかでざるで頼むとなかなか量が少なくて満足しないことが多いのだが、ここは大丈夫。写真の5合でも2,100円。安い!肝心の蕎麦の味も風味が豊かなのに、それでいてするすると食べやすい。麺も細目に切ってあり、量が多く食べれる仕様になっているようだ。正直だしは普通の味だったが、ほんと人生で生まれて初めて「おいしい蕎麦を心行くまで食べれた」気がする。都内だと蕎麦って本当に高い。どちらも美味しいのになんでこんなに値段に差があるんだろうね。

三たてそば 長畑庵そば(蕎麦) / 明神駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


00:37  |  栃木  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2011.10.10 (Mon)

宇都宮に来たならばこのどでかい餃子を食べてほしい。




東武宇都宮の駅から少し離れた歓楽街の片隅、細い路地の先にあるのが「中華園」だ。見た目は普通の中華屋だが、狙いはもちろん餃子。餃子と普通に書いてあるがかなりビッグだ。注意されたし。焼くのに15分かかる。全体がでかいから火が通りにくいのであろう。餃子注文するとおばちゃんがすぐに厨房に指示する徹底ぶり。ほかの料理が出てきたかなり後に真打登場である。他の料理もかなりこってり気味だが、このビッグ餃子もザこってり。中のお肉がこってりこってり。味がしみ込んだ濃い餃子だ。皮はもちもちでこちらも味わいぶかい。食べごたえ抜群。すこしホワイト餃子を思い出した。チャーハンなど高級ホテル中華のそれみたいに美味しかったので中華料理としてのレベルもなかなかのものである。餃子4つで500円、チャーハンも700円と渋い店内に比して高めの値段設定だが、ポーションが大きいためそんなに割高感はない。郊外のこの店に来て損なし。旅行客はこんなインパクトがほしいのである。某有名店行くくらいならこちらへどうぞ。

中華園 定食・食堂 / 東武宇都宮駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


00:57  |  栃木  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。