2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2011.07.11 (Mon)

いっこから頼めるいっこ寿司!



山形駅の近くにある『いっこ寿司』。シンプルなネーミングはその名前の通り、一個から頼めるから。敷居も高くなく所謂気軽に食べられるおすし屋さん。家族でもいけそうなアットホームな雰囲気。そのネタは小さいが鮮度はありなかなかのレベル。シャリ自体はお酢強めの炊き方、握り方硬めだが、このクラスの寿司屋ならいたしかたないレベルか。山形名物だだちゃ豆を初めて食する。枝豆より豆が小さくて弾力があった。でもちょっと塩かけ過ぎである。

いっこ寿司 寿司 / 山形駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


スポンサーサイト
13:32  |  山形  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2011.07.10 (Sun)

山形もんと地酒を楽しる店



山形駅近く、十日町のメイン通りを少し入った隠れ家風一軒家居酒屋『つきや』はこだわり食材とこだわり日本酒のお店である。山形県白鷹町の馬刺は、ルイベにない食感と安物にない肉厚感とやわらかさが絶品。赤身しかなくて白い部分がないのが驚き。それを山形の地酒たちとマリアージュ。オーナーお薦めは純米酒志向。刺身の鮮度もよく、吾妻地鶏という名の初めて聞く地鶏もおいしく、山形牛やはやや脂がおおかったかおいしかった。カウンターあるのでお一人様可。二階には広い座敷があるので用途多様である。

つきや 居酒屋 / 山形駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


13:20  |  山形  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2011.06.20 (Mon)

酒田の夜に寿司。


酒田市の中心、夜遅くまでやっている定番のお寿司屋さんときいたら『大和寿司』との答えが。酒田といえば文字通り酒どころ。ジョウキゲンや初孫などが有名だ。メニューにズラッと並ぶ日本酒メニューを眺めるだけで楽しい。刺身も寿司も港町によくあるぶつ切りタイプだが、こういった店ではこう気構えしなくて良い寿司が雰囲気があって良いとおもう。鮮度はバッチリ。昼間たべた港の有名な海鮮丼の海鮮なんか目じゃない。値段も優しめ。

大和寿司 寿司 / 酒田駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


16:22  |  山形  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2011.06.14 (Tue)

伝説のバーテンダーは優しく微笑む。



酒田駅からワンメーターの街中には全国のバーテンダーが訪れる有名なバーがある。その名は『ケルン』。見た目も中身もただの喫茶店だがなんと、あの雪国というカクテルを作った井山さんが経営されてるのだ。御年85歳。伝説のバーテンダーである。あまりに業界の人が訪ねるので、訪ねた時にがっかりしないようにと、年中無休を貫き通している優しいバーテンダーである。雪国は1959年にサントリー、当時でいう洋酒の寿屋で賞をとったが当時から本当に腕の立つバーテンダーだったらしく、銀座のバーなどにお呼びがかかった。しかし酒田を愛する井山さんは頑として動かなかったそうな。井山さんの作る雪国のレシピは当時のまま。当時はライムも手に入らないので、本当のライムは使えないし、ウォッカは今の時代珍しいサントリーウォッカ。本当は手を加えたいのだが、そうするとケルンのオリジナル雪国で無くなってしまうのだと井山さんは語る。だから、都会の果実感あふれる酸味のある雪国と違い、井山さんの雪国はまーるくて甘く優しい。まるで井山さんの人となりを象徴しているかのようなカクテルであった。

ケルン カフェ / 酒田駅

夜総合点★★★★ 4.0


22:47  |  山形  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2011.06.14 (Tue)

予想通りの観光地仕様丼。



初めての山形県上陸。来たのは港町酒田市。酒田海鮮いちばにおわしますのは、テレビにもよく登場する『海鮮どんやとびしま』だ。酒田の街中には全然人影がないのに、とびしまにはこんな行列が。どこにこんな人がいたんだ。しかも、今日は平日!恐るべしとびしま。メインの特上海鮮丼は1050円。観光客向けにしては、やや安いのは良い。肝心の味は…普通かな。観光地の丼なんていつもこんなもんだけど。港町の店にしては鮮度もいまいち。がっかりしたのは味噌汁が写真と全く違うこと。写真はカニやらエビやら入ってるのに、出てきたのは薄っぺらな味噌汁。これはまさか業務用味噌汁?!流行っているからって手を抜いちゃだめよ。確かに写真の横に、写真と本物は一緒じゃありません。と注意書きがあったが味噌汁のことかいね。デザートにたべたイカスミソフトも見た目だけでイカスミの味しませーん。してもらっても困るか…。酒田観光のネタにどうぞ。

海鮮どんや とびしま 魚介・海鮮料理 / 酒田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


22:43  |  山形  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。